中国工場訪問レポート
3月2日2007年〜3月4日2007年
ch_005.jpg
今回の目的地は中国のシンセン。 香港まで飛行機で行き、 空港からシンセンへ高速フェリーでそのままトランジットします。
[0001]
ch_009.jpg
中国に行くのは初めてです。日本から香港は4時間弱、フェリーでシンセンまでが弱30分です。
[0002]
ch_011.jpg
港から車で工場まで行きます。ここからまた30分ほど。
[0003]
ch_013.jpg
シンセンは経済特区に指定されて、工場を造るといろいろ優遇されるそうです。
[0004]
ch_014.jpg
工場に着きました。社長が馬年なので馬がシンボルになってるそうです。
[0005]
ch_015.jpg
かなり広いです。
[0006]
ch_016.jpg
従業員さんの宿所も敷地内にあります。
[0007]
ch_017.jpg
仕事時間は朝9時からよる9時までだそうです。
[0008]
ch_018.jpg
工場内にある会議室です。ここで作った製品が色々飾ってあります。
[0009]
ch_019.jpg
自分のも飾ってあったり。
[0010]
ch_022.jpg
旧正月前に出した修正が施されたいずみのトライサンプルが出来てました。
[0011]
ch_023.jpg
会議室でチェックしながらその場で試作を作ってもらいました。
[0012]
ch_024.jpg
あと仕様やパッケージングの相談も行ったり。
[0013]
ch_025.jpg
口の墨入れ色で三つのバージョンを作ってもらい、最終的にフィックスするところです。他の部分も決まったのでこれで最終トライを頼んで1日目が終わりました。
[0014]
ch_045.jpg

2日目はebクラフトで発売予定の可動セイバーを作ってる広州の工場へ行きます。
[0015]

ch_048.jpg
ここもかなり広いです。
[0016]
ch_049.jpg
可動物が得意な工場だそうです。
[0017]
ch_050.jpg
可動セイバーはパッケージと一部カラーだけチェックすれば終わりです。
[0018]
ch_051.jpg
安藤さんの造形は格好良いですね。
[0019]
ch_052.jpg
[0020]
ch_053.jpg
[0021]
ch_054.jpg
鎧に見えるのはFIXのサインです。
[0022]
ch_055.jpg
箱は引き出す形式なので蓋を開けようとしないように注意です。
[0023]
ch_056.jpg
[0024]
ch_057.jpg
セイバーの最終チェックも終了したようです。
[0025]
ch_062.jpg
再びシンセンのいずみの工場に戻りました。
今日は工場の見学もさせてもらいます。
[0026]
ch_063.jpg
工場は外も中も物凄く綺麗です。
[0027]
ch_064.jpg
このフロアは塗装パートです。
[0028]
ch_065.jpg
みんな黙々とスプレーで塗装しています。
[0029]
ch_066.jpg
全員帽子と作業ガウンを着用しています。
[0030]
ch_067.jpg
マスクで挟んで塗料を吹き付けます。
[0031]
ch_068.jpg
塗り終わったパーツも綺麗に整理されています。
[0032]
ch_069.jpg
これはマスク無しに全体に塗装するパーツ。
[0033]
ch_070.jpg
ブース別に換気扇があるのであまり塗料の匂いはしません。
[0034]
ch_071.jpg
こんな感じになってます。
[0035]
ch_072.jpg
塗り終わったパーツの検品です。
[0036]
ch_073.jpg
すごい人数の工員さんたちが作業しています。
[0037]
ch_074.jpg
[0038]
ch_075.jpg
筆塗りのパートもあります。
[0039]
ch_076.jpg
パート毎に分かれて管理されています。
[0040]
ch_077.jpg
雑談など一切なく真剣に作業しています。
[0041]
ch_078.jpg
筆塗りパートは熟練工なのか、割と年取ってる人が多いです。
[0042]
ch_079.jpg
この工場は特に手塗りに長けているそうです。
[0043]
ch_080.jpg
[0044]
ch_081.jpg
塗り終わったパーツは綺麗に並べて乾かします。
[0045]
ch_082.jpg
注射器を使って細いラインを引いてます。
[0046]
ch_083.jpg
工場の中はすごく広いです。
[0047]
ch_084.jpg
ここは成形されたパーツのバリやゲート処理を行うパートです。
[0048]
ch_085.jpg
1個1個手作業で丁寧に行います。
[0049]
ch_086.jpg
黄色い腕章と帽子の人が周りながらチェックしています。
[0050]
ch_087.jpg
パーティングラインはヤスリかけ後
[0051]
ch_088.jpg
薬品でこすってなめらかにします。
[0052]
ch_089.jpg
ここも黄色い服の人がいますね。
[0053]
ch_090.jpg
隅には大量のパーツが待っています。
[0054]
ch_091.jpg
ここではポリストーンの塗装をしてました。
[0055]
ch_092.jpg
パーツのやすりがけ中。
[0056]
ch_093.jpg
上のベルトにパーツを吊り下げて、この中で自動で塗装します。
[0057]
ch_094.jpg
もちろん手作業で塗るパーツも。
[0058]
ch_095.jpg
タンポ印刷の機械です。
[0059]
ch_096.jpg
かなりのスピードで動いてるので、手が挟まれそうで怖いです。
[0060]
ch_097.jpg
この機械は1工程で6回の印刷が可能な優れものです。
[0061]
ch_098.jpg
ここを1回通すだけで目の塗装が終わります。
[0062]
ch_099.jpg
[0063]
ch_100.jpg
社員用のトイレも清潔です。
[0064]
ch_101.jpg
中国ならではの光景。
お茶用マイポッドがずらりです。
[0065]
ch_102.jpg
ガチャカプセルの山
[0066]
ch_103.jpg
どこもゴミ一つ落ちてないですね。
[0067]
ch_104.jpg
ケルベロス原型のパーツもありました。[0068]
ch_105.jpg
歪まないようにパーツを暖めてから接着しています。
[0069]
ch_106.jpg
最後のパッケージングはこのように隔離したクリーンルームで行います。
[0070]
ch_107.jpg
入り口も2重です。
[0071]
ch_108.jpg
まるで半導体工場みたいです
[0072]
ch_109.jpg
クリーンルームに入る時はここで消毒を受けなきゃならないみたいです。
[0073]
ch_110.jpg
クリーンルーム専用の洗面所です。
[0074]
ch_111.jpg
1階フロアは射出成型機がずらりと並んでいます。
[0075]
ch_112.jpg
ここは熱と消音がすごいです。
[0076]
ch_113.jpg
成型機中の金型
[0077]
ch_114.jpg
射出されたパーツが熱で変形しないように型にはめてから水中で冷やします。
[0078]
ch_115.jpg
金型交換中です
[0079]
ch_116.jpg
金型は物凄い重さです
[0080]
ch_117.jpg
真ん中の穴に溶かしたPVC原料を高圧で注入します。
[0081]
ch_118.jpg
ここはまさしく工場って感じです。
[0082]
ch_119.jpg
ここでは成型用の金型を修正しています。
[0083]
ch_120.jpg
[0084]
ch_121.jpg
[0085]
ch_122.jpg
[0086]
ch_123.jpg
[0087]
ch_124.jpg
中庭を通って移動
[0088]
ch_125.jpg
ここはダイキャスト物を作っています。
[0089]
ch_126.jpg
ダイキャスト用の成型機
[0090]
ch_127.jpg
雑誌のおまけに使ったパーツだとか。
[0091]
ch_128.jpg
入り口近くの倉庫には出荷待ち商品が山積みです。
[0092]
ch_129.jpg
ここには社員寮と売店があります。
[0093]
ch_130.jpg
寮の1階には休憩コーナーです。この工場は福祉など労働条件もかなり良い方だそうです。
原油価格は落ち着いてそれ程影響は無いみたいですが、やはり人件費の高騰が一番の悩み所だそうです。北京オリンピック後どうなるかちょっと心配です。
[0094]
ch_132.jpg
ここは会議室近くにあるスモールファクトリーです。射出以外の工場の全パートがあるので、試作品や少量のトライをここで担当します。いずみのトライもここで作ってました。
[0095]
ch_133.jpg
最近作った商品がストックされていました。
[0096]
ch_134.jpg
会議室のフロアか眺めた倉庫です。
[0097]
ch_136.jpg
見学が終わったらいずみの最終トライとパッケージ用ブリスターが出来てました。
[0098]
ch_137.jpg
これで製品の監修は終わり。あとはパッケージが出来れば終了ですね。
[0099]
ch_156.jpg
3日目、無事に全ての日程が終わり日本に戻りました。
[0100]